スマートフォン表示にもどる

プレスリリース

2017/08/09

JVCケンウッドが開発する、配車システムの導入に向けて業務協働していくための覚書を締結しました。

タクシー・ハイヤーサービスを行う三和交通株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:吉川永一)は保有する約500台の車両に対して、クラウドを活用した次世代タクシー配車システムの導入を目的に、横浜市に本社を構える株式会社JVCケンウッド(以下、JVCケンウッド)と業務協働に関する覚書を締結いたしました。

 

1.タクシー配車システムの導入について

当社は今まで、GPS無線配車システムを使用してきましたが、クラウドを活用した新しいシステムを導入することといたしました。タクシー業界では法令順守や労務管理、お客さまへ安全・安心を提供する取り組みの一環として、IoT化が急速に進展しており、全てを一元管理できる新しいシステムの導入が必要とされています。

これまでのタクシーの車載システムは、それぞれの機器が独立して搭載されていましたが、まずは業務用無線機器とカーナビゲーションを含む表示機を一つのセンター端末(タブレットPC)に集約することで、コストダウンをはかるとともに、将来的には決済機やタクシーメーターも含めた統合システムの開発を行います。

さらに、クラウドを活用したオペレーターセンターの新システムを開発し、センター業務の効率化をはかるとともに、乗客向けのスマートフォン配車アプリと連携させることで、従来にないサービスを創出していきます。

 

2.JVCケンウッドとの業務協働の背景

このたび当社は、タクシーの次世代IoT配車システムの導入を進めるにあたり、映像技術・音響技術・無線技術を強みに次世代IoTソリューション事業の拡大を目指すJVCケンウッドと次世代IoT配車システムの導入に関する業務労働を締結しました。当社が保有するタクシー業界および車両への知見とJVCケンウッドが保有する車載機器や業務用無線機器などの技術やノウハウを融合することで、お客様だけでなくタクシー乗務社員に対しても快適で安心・安全な運行を提供する次世代IoT配車システムを目指します。

これらのJVCケンウッドが開発する次世代IoT配車システムを当社が保有するタクシーで実証実験などを経て進め、来年度より横浜や多摩、埼玉といったエリアを中心に当社が保有する約500台の車両に随時導入していく見込みです。

 

JVCケンウッドについて

社名 株式会社JVCケンウッド
代表者 代表取締役  辻 孝夫
所在地 〒221-0022 横浜市神奈川区守屋町3-12
設立 2008年10月1日
資本金 100億円
事業内容 オートモーティブ分野、パブリックサービス分野、メディアサービス分野の事業等を営むこと、ならびにこれに相当する事業を営む会社の株式または持分を保有することによる、当該会社の事業活動の管理

 

3.今後の見通し

当社は、今回の次世代IoT配車システムの実装を足掛かりとして、タクシーユーザーへの更なる利便性を図るとともに、乗務社員、無線オペレーターの利便性も追求します。スマホ操作に不安がある方にも簡単にオーダーが出来るシステムや新たなツールが提供できればと思います。 一方、三和交通の基本は品質の追求であり、その品質の提供や弊社で企画している様々な取り組みを幅広く供給できるものを構築できればと考えています。

 

<リリースに関するお問い合わせ>株式会社三和交通統轄本部 広報担当:眞壁(マカベ)

TEL:045-650-3270 FAX:045-650-3271 E-mail:hiroki_makabe@sanwakoutsu.co.jp


ページの先頭へ